スタインウェイの特徴ってどんな所?最高級のピアノを徹底解説!

  • URLをコピーしました!
目次

スタインウェイの特徴ってどんな所?最高級のピアノを徹底解説!

スタインウェイピアノ」という名前を聞いたことはありますか?ピアニストでなくとも、“最高級のピアノ”という知識を持っている人は多いのではないでしょうか?

ピアニストの表現を、そのまま聞く人の心に届けることのできるピアノ。

 

華やかで透明感のある音色は、どのようにして生み出されるのでしょうか?日本で一番普及しているヤマハのグランドピアノスタインウェイピアノとは、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は世界最高峰のピアノと称えられるスタインウェイピアノの特徴について、見ていきましょう。

そもそもスタインウェイとは?3代メーカーの1つ?

スタインウェイピアノとは、ドイツ人ピアノ製作者のハインリッヒ・シュタインヴェーグによって設立されたスタインウェイ&サンズというピアノ製造会社が作る世界最高峰の高級ピアノであり、現在まで高い技術によって改良を重ね、特許も所得しています。

 

3代ピアノメーカー(ベヒシュタイン・スタインウェイ・ベーゼンドルファー)の中でも最も有名で、世界的に普及されています

有名なコンサートホールで使用されているコンサート用グランドピアノは、ほとんどがスタインウェイピアノですし、著名なピアニストからも絶大な人気を誇っています。

スタインウェイの特徴はコレ!ピアニストに好かれる理由は?

ピアニストの表現をそのまま音色に現すことができる

スタインウェイピアノを弾いてみて驚くのは、タッチの軽さと指先の表現をそのまま音色に伝えてくれる表現力の高さです。

スタインウェイピアノは高い技術力によって、鍵盤へ加えた力がハンマーに伝わりやすい構造になっているのです。

 

また、アクションは普通のピアノに比べて細くなっており、鍵盤に加えられた力が損なわれるのを最小限に抑えるようになっています。

タッチがとても軽く、思うままに表現できるのはこれらの仕組みによるものなのです。

スタインウェイピアノの豊かな響き

スタインウェイピアノを弾いてみると、その響きの豊かさに気づきます。

ピアノ全体が鳴り響きどんなに大きなコンサートホールでも、ピアニッシモの繊細な音色もクリアにフォルティシモの音色も美しさを失わずホールの隅々まで届きます。

 

スタインウェイピアノは、響板やリムには最高級の木材が使用され、また、響板とリムの間に隙間がありません。

そして、スタインウェイピアノはすべて手作りで作られています。

 

スタインウェイピアノの価格について

スタインウェイピアノを弾いてみると、豊かな響きとクリアな音色に魅了され、毎日スタインウェイピアノで練習できたらどんなに良いだろうと思ってしまいます。

スタインウェイピアノの価格はどのくらいなのでしょうか?

 

スタインウェイピアノの一般的な価格としては、グランドピアノタイプは比較的コンパクトなモデルで900万円半ばくらいから。コンサート用の最高級モデルで2300万円くらいまでと様々です。

アップライトピアノタイプでは、490万円から600万円くらいとなっています。

 

また、中古のスタインウェイピアノでしたら、グランドピアノタイプのものでも500万円前後くらいから手に入ることもあるようです。

 

驚くほど耐久性が高いと称えられるスタインウェイピアノですので、どうしても購入したいけれど予算オーバーだという人は、中古のスタインウェイピアノを検討してみるのも良いかもしれません。

しかしながら、状態の良くないピアノを購入してしまうとメンテナンスに多額の費用がかかってしまう可能性がありますので、専門家による見極めが不可欠だと言えます。

 

スタインウェイの特徴は職人さんのおかげ!日々改良を重ね向上されている

ピアノに携わる人なら一度は憧れるスタインウェイピアノ。

その素晴らしい音色と豊かな響きは、職人の高い技術力と手仕事によって日々改良を重ねているのです。

 

もし、コンサートホールでスタインウェイピアノの演奏を聞く機会があったら、その響きの中にピアニストの心を感じてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次